自治体のアシナガバチ駆除なら補助金制度を利用することが可能

アシナガバチ駆除を依頼するなら自治体がお得です アシナガバチ駆除を依頼するなら自治体がお得です

自治体によって異なるアシナガバチ駆除の補助制度

ハチ

自治体によってアシナガバチ駆除の補助体制は異なるのが通常ですが、知っておきたい基礎知識を見ておきましょう。

まずは巣の違いを明確にすることが大切

アシナガバチ
アシナガバチは、シャワーのヘッドのようにお椀を裏返したような形状に巣を作ります。薄いグレーや茶色をしていて、幼虫が中にいる様子を観察できます。人間の目の高さより低いところにも巣を作るため、ベランダや庭木の隙間などいたるところに見つかります。大きくなると危ないので、アシナガバチ駆除業者に連絡しましょう。
スズメバチ
スズメバチの巣の入り口は一つで、丸底ビーカーのような形状です。働き蜂が増えて活発に攻撃する頃には、大きな球形にも成長します。軒下、屋根裏などに巣を作ることが多く、比較的高いところで見つかります。スズメバチは攻撃性が高く刺されると危ないので、アシナガバチ駆除をしていない地域でも行政対応できるケースがあります。
ミツバチ
ミツバチは、平面の板状に巣を作ります。養蜂場の木の枠と同じような形で、何枚も連なって巣としています。最初は白っぽい色をしていますが、花の蜜を集めてくると黄金色に変わります。古くなった木の切れ目、戸袋など閉鎖的な空間が大好きで、奥まったところに巣作りします。アシナガバチ駆除と一緒にミツバチの巣がないか確認すると安心です。

蜂駆除の補助制度は自治体によって対応が変わる

自治体でも蜂駆除をお願いできますが、お住まいの地域によって受けられるサービスが変わってきます。業者紹介をしてくれるだけで補助金がない、防御服を貸し出すだけなど、十分なサービスを受けられないケースも覚悟しましょう。業者紹介を受けたとしても、技術力がある職人とは限りません。アフターフォローがない業者だと、再び巣ができたときもう一度コストがかかります。納得できる業者を自分で探して依頼するほうが、安くすむケースもあります。

実際に自治体の補助制度を利用した人の体験談を聞く

実際に補助金を利用した体験談を紹介します。自治体にアシナガバチ駆除を依頼して、本当に補助金が出るのか見てみましょう。

補助制度を利用した人の声

駆除費用を負担してもらえたのは助かりました(40代/男性)

自宅にアシナガバチの巣が見つかって、駆除を頼みました。いくらくらいかかるか想像がつかず不安でしたが、補助金5000円支給されるようで安心しました。業者さんが役所の補助制度について詳しくて、親切に教えてくれたため、手続きもスムーズです。自分で駆除すると刺されたら怖いので、良い業者さんにあたって良かったと思っています。

アシナガバチ駆除は早急に行なおう

各自治体に助成制度があるのは、アシナガバチに刺されると危険だからです。小さなお子様がいるご家庭は、外で遊ばせるときに不安になります。好奇心から手を出したことで攻撃性が高まって、刺されてしまうと危険です。何かあってからでは遅いので、早急な対処をおすすめします。

TOPボタン